お金が返ってくる可能性がある!【過払い金があるか確認しよう】

過払い請求とは

過払い金は債務者に多く払い過ぎたお金のことを言います。金融業者が利息制限法を超えた利息を設定していることで、払う必要のない利息まで支払っていたことになっているのです。これを、利息制限法内で計算し直し、余分に支払いをしていた場合に過払い金を請求することができます。千葉の弁護士や司法書士は過払い金請求の実績が多いので、依頼してみるといいでしょう。

過払い請求を行うメリット3選

no.1

払い過ぎた利息を返還してもらえる

過払い金請求の最大のメリットと言えます。金額は人によって異なりますが、払う必要のない利息が戻ってくるので、お金に困っている人にとってもは嬉しいことですね。

no.2

返済の必要が無くなる

計算して過払い金があると判明した結果、借金の支払いが完了していることもあります。そうなると当然これ以上の支払いをする必要が無くなります。

no.3

他の借金返済に回すことができる

過払い金を変換してもらって、まだほかにも借金が残っている場合はその借金返済に充てることができます。借金は少しでも早く返したいものですから、助かるでしょう。

お金が返ってくる可能性がある!【過払い金があるか確認しよう】

相談

過払い金目安

今現在、借金を返済している人の場合、利率が18%以上で取引期間が7年以上なら、過払い金が発生している可能性があります。しかし、必ず発生しているとは限らないので弁護士や司法書士に依頼しましょう。また、完済している人の場合は、利率が18%以上で取引をしていたのなら過払い金が発生している確率が高いので、請求するといいでしょう。

過払い金には時効がある

過払い金を請求できるのは10年間と決められています。そのため、10年以上経過してから請求しても返還されないのです。例外として、一度完済し10年後に同じ業者から借入すると、1つの取引としてみなされ請求できることもあります。しかし、契約の内容などによって、1つの取引とみなされるかどうかが変わってくるので、同じ業者だからといって必ず請求できるわけではありません。

任意整理について

借金整理の方法はいくつかあり、その中でも裁判所は通さずに、直接業者と減額や返済プランについて交渉することを「任意整理」といいます。過払い金請求もこの方法で行われます。取引の照会と履歴を業者に開示してもらい、それをもとに計算しなおすことで債権額の確定ができます。そして和解案を提示して交渉を行うのです。

広告募集中