家族信託の勉強をしよう【相続の新しい形】

家族信託の勉強をしよう【相続の新しい形】

家族

注目の家族信託とは

信頼できる家族に、財産の所有権の中の管理する権利を移すことを家族信託と言います。管理する権利だけを移すことで、所有者が認知症などになった場合にも財産運用を任せることができます。

家族信託なら負担が少ない

所有権を生前贈与という形で移すと、贈与税や不動産取得税以外にも申告書を税理士に作成してもらう費用も掛かります。しかし家族信託の場合は管理する権利だけを移すので、贈与税や不動産取得税はかかりません。生前贈与と比べ、5分の1程度の負担で済むのです。

遺言書の代わりにもなる

家族信託で管理する権利を移したときに、受益権を誰に移すのかあらかじめ決めておくことができます。もし、所有者が亡くなったら決めていたひとへ受益権を移すことができるので安心です。

家族信託におけるデメリット

安心感のある家族信託にもデメリットはあります。平成19年に施行されてはいるものの、未だ認知度が低いことと、これに対応できる専門家が少ないということです。そのため、家族信託を行おうと思っても専門家に知識がないためにスムーズに進めない可能性があります。

見極めが大事

相続することを考えるなら、認知症などで判断能力が奪われる前に相続の方法を考えなくてはいけません。家族信託だけでなく後見制度もありますから、どちらの方法が自分たちにとっていいのかよく考えて見極めましょう。

広告募集中