税理士に仕事を任せよう【選び方や費用について知る】

税理士に依頼できるもの

  • 相続税・贈与性に関する申告書作成
  • 相続税生前対策
  • 遺言書作成サポート
  • 記帳代行
  • 給与計算・年末調整
  • 政務調査立ち合い
  • 事業継承サポート

税理士を選ぶポイントTOP5

no.1

相性が合う

最も大切なポイントです。個人でも法人でも、税理士と円滑にコミュケーションを取るためには、税理士との相性が重要です。相談役にもなる税理士ですから、実際に話してみて相性が合わないと感じたら避けた方がいいでしょう。

no.2

態度が大きくないか

税理士の中には、自分のことを偉いと感じ横柄な態度をとる人がいます。しかし、税理士と依頼者の関係上、依頼者がお客様となるので横柄な態度は許されません。ビジネスマナーをわきまえている税理士の方が、真剣に話をきいてアドバイスをしてくれるでしょう。

no.3

わかりやすく説明してくれるか

税理士の使う専門用語は私たちには分からないものがほとんどでしょう。それらを分かりやすく説明してくれる税理士はいい税理士と言えます。また、問題点に気付いたらその対策を具体的に指示してくれるかチェックしておきましょう。

no.4

レスポンスが早いか

レスポンスが遅いというのは、税理士に対する不満でも良くあげられるものです。多忙で返事がなかなか返せないとしても、「〇日までには返答する」という旨を伝えてくれる税理士を選んだほうがいいですね。

no.5

身だしなみや振る舞いにおかしな点はないか

税理士のビジネスマナーやコミュニケーション能力など以外にも、身だしなみもチェックしておきたいポイントです。清潔感がなかったり、振る舞いに不快だと感じるようならその税理士は避けた方がいいですね。

税理士に仕事を任せよう【選び方や費用について知る】

電卓を持つ男性

税理士を探す方法

税理士を依頼する時には税理士事務所に直接コンタクトを取る方法があります。他にも、知り合いのつてで探したり、紹介サービスを利用する方法もあります。大阪の紹介サービスの中には、経営者向けに紹介しているところもあるので法人の方も安心して探すことができます。

依頼するまでの流れ

まずは税理士事務所に問い合わせを行います。そこから相談をして打ち合わせをしましょう。相談だけでも可能なので、気軽に問い合わせができます。また、見積もりを出してもらい納得したら契約となります。もちろん、必ず契約しなければいけないという決まりはありませんから、他の事務所と見積もりを比べてから決定しても問題ありません。

税理士に依頼する時の費用

法人が顧問契約を結ぶ場合、作業料金・オプション費用・顧問料がかかります。ただし、税務申告などで年に1度しか依頼しないようなケースでは、顧問量がかからないこともあります。顧問料は月々1~3万円くらいが相場です。作業料金は記帳代行なら月々1~3万円、確定申告代用なら5~10万円くらいが一般的でしょう。

広告募集中